×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ウコンウツギ 【鬱金空木】 スイカズラ科タニウツギ属 学名:Weigela middendorffiana

 北海道、本州(岩木山、八幡平、岩手山、焼石岳、早池峰山)、東アジアに分布し、高山帯下部から亜高山帯の林内や草地に生える落葉低木で、高さ1-2mになる。 花の色が鬱金に似ているのでこの名がある。樹皮は灰褐色で縦に裂ける。葉は対生し、楕円形〜長楕円形で先は鋭くとがる。6-7月枝先や葉のつけ根に2-4個の花をつける。長さ3-4pの筒型で淡黄色の花はよく目立つ。花の内部は最初は黄色の模様があるが、後に赤く変わる。
ウコンは花の黄色から、ウツギは茎が中空なことから和名がついた。


2007/7/9 早池峰山 撮影者:黒田豊(楢葉町)

back to top