×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ツバキ 【海石榴・山茶・椿】 ツバキ科ツバキ属 学名:Camellia

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
 ツバキ(椿、つばき)は、ツバキ科ツバキ属の植物の総称である。狭義には、ヤブツバキ(あるいは単にツバキとも。 照葉樹林の代表的な樹木。花期は冬から春にかけて。「春」の季語。
 花が美しく利用価値も高いので万葉集の頃からよく知られたが、特に近世に茶花として好まれ多くの園芸品種が作られた。美術や音楽の作品にもしばしば取り上げられている。
 ツバキの花は花びらが個々に散るのではなく、萼の部分から丸ごと落ちる。それが首が落ちる様子を連想させるとして武士はツバキを嫌った、というのは明治時代以降の流言であり、実際には江戸時代には大々的に品種改良が進められていたというのが真相である。


2010/4/6 双葉郡浪江町西台
ツバキ 【海石榴・山茶・椿】 ツバキ科
2001/3/27 双葉郡浪江町西台
ツバキ 【海石榴・山茶・椿】 ツバキ科
2001/4/27 双葉郡浪江町西台
ツバキ 【海石榴・山茶・椿】 ツバキ科

back to top