×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トリトマ 【Kniphofia spp.】 ツルボラン科(旧ユリ科)シャグマユリ属  学名:Kniphofia spp.

別名:シャグマユリ(赤熊百合)  原産地南アフリカの常緑多年草(耐寒性)
 草丈60〜150pほどになる花壇向きの花で、夏から秋にかけて赤や黄、白色などの筒形の花を穂状に咲かせる。
 寒さに強く、積雪のある所なら寒地でも育つ。トリトマは旧学名で、園芸上の呼び名としてのみ用いられている。
現在はニフォフィア属とされる。英名は、長い花茎の先端に花が穂状に咲いているさまが、たいまつの形に似ていることによる。
花色は、つぼみのときは橙色で、開花すると黄色になる。花色 黄から橙、白


2001/6/30 双葉郡浪江町苅野
トリトマ 【Kniphofia spp.】 ユリ科
2001/8/5 いわき市久之浜町波立海岸付近
トリトマ 【Kniphofia spp.】 ユリ科

back to top