×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タムシバ 【噛柴】モクレン科モクレン属 学名:Magnolia salicifolia

 コブシとよく間違われるが、コブシに先駆けて白い花を開く。群生してヤマザクラと同時に春の山を彩っている。
タムシバの葉は中央部で最も幅が広いが、コブシはタムシバに比べて幅が広く、先端に近い場所で最も広い点で異なる。
 別名:サトウシバやカムシバ、ニオイコブシ(枝や葉は噛むと甘い)


撮影:双葉郡楢葉町 黒田豊氏 2005.7.3 会津朝日岳にて
タムシバ 【噛柴】モクレン科 モクレン属属

back to top