×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タカサゴユリ 【高砂百合】 ユリ目ユリ科ユリ属 学名:Lilium formosanum

 高砂は原産地台湾の地名。台湾固有種で、日本では園芸用に移入された帰化植物として全国に分布。明るい原野や荒野で育ち、海岸線付近から低地、高山帯に至るまで広く分布。
 連作障害が出やすい種であり、一時的に根付き拡がっても数年経つと姿を消す場合が多いが、種子を多く付け、種子は新たな原野を求めて風に乗って各地に拡がる。
種子が辿り着いたその地が伐採などで一時的に明るくなると生育して勢力を拡げ、ときに群生して大きな花を咲かせるも、数年経つとまた姿を消す。
 花の形だけを見るとテッポウユリ(鉄砲百合)に似るが、葉が細いところが違い、また茎が比較的太く丈夫で、丈が1.5mほどに生長するものもある。
 花期は7〜9月、花長は15〜20cm、直径は5cmより大きめと、テッポウユリよりも大型になる。また葉が細く、花は白を基調とするものの薄い紫色の筋が入り、花被片は6枚で(やはり根元がつながっている)、外側の花被片は橙褐色になり、花は横向きだが少し下に傾くことが多いとされる。
 ただし、テッポウユリとタカサゴユリの自然雑種のシンテッポウユリというのもある。ユリは園芸品種が多く、また変異も起きやすいと考えられており、たとえば花が純白でありながら葉が細く大型の個体が観察されるなど、その違いが外見からは判別しにくい場合も多い。
 種子を多くつけ、風で運ばれて分布を拡げる。 水はけがよく明るい草原や荒地などに到達すると根付いて葉を伸ばすが、初年度は茎や花を出さずに数枚の葉を出すだけで球根を太らせ、球根が充分太ると翌年度以降に茎を伸ばして大型の花をいくつも咲かせる。その場所の日当たり具合により球根の太り方に差があり、球根の状態により茎長や花の数などに差が生じる。
 別名:タイワンユリ(台湾百合) ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)


2001/6/17 (花 2001/8/15) 双葉郡浪江町西台
テッポウユリ 【鉄砲百合】 ユリ科 テッポウユリ 【鉄砲百合】 ユリ科


back to top