×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タカネトウウチソウ【高嶺唐打草】 バラ科ワレモコウ属 学名: Ixeris dentata var. alpicola

 北海道、本州(関東、中部以北)に分布し、高山帯の草原に生える40〜80p草丈40〜80cmの多年草。
 茎は無毛。根生葉は11〜13枚の小葉からなる羽状複葉で、小葉はふちに鋭い鋸葉があり、楕円形で長さ2〜4p。裏面は粉白色を帯びる。
花の時期は8〜9月で、花の色は白色、花穂は長さ3〜8pの円柱形で、下から咲き上がる。オシベは長く花の外に突き出る。 葯が淡黄色。


2008/7/30 至仏山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top