×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タカネグンナイフウロ 【高嶺郡内風露】フウロソウ科フウロソウ属
 学名:Geranium eriostemon Fisch. var. reinii (Franch. et Savat.) Maxim. f. onoei (Franch. et Savat.) Hara

 本州中部地方〜関東地方の亜高山〜高山帯のやや湿り気のある草原に群生する多年草。
グンナイフウロよりさらに花の色が濃く高山に生える。
 茎は高さ30〜50cmになり、長い開出毛と腺毛が密生する。根生葉が多数あり、茎葉は1〜2個で下部の葉は互生、上部の葉は対生する。
 葉は幅5〜12cmで掌状に5〜7深裂し、裂片は更に3出状に浅く裂け、葉の表には伏毛があり、裏面には主脈上に開出毛がある。
 花期は7〜8月で花は茎頂に集まってつき、濃い紅紫色。花弁は5枚で、倒卵形で、基部に白い毛があり、横向き〜やや下向きに咲く。


2008/7/14 富士山登山道 撮影:黒田豊(楢葉町)

back to top