×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


シロダモ 【白だも】 クスノキ科シロダモ属 学名:Neolitsea sericea

別名:シロタブ。タマガヤ。 本州、四国、九州、南西諸島に分布する常緑の中高木。
葉は3行脈が目立ち、大型で長さ8〜18cm。裏面は灰白色で、名前の由来になっている。
雌雄異株、秋遅く(11月)に花を開く。雌株では、花と同時に赤く熟した果実も稔っている。
 乾燥した痩せ地に生育することは少なく、土壌が形成されている適潤地の、やや遷移が進行した二次林、植林地などに生育していることが多い。
樹高はあまり高くなることは無く、林縁などの側方から光が当たる場所で亜高木になる程度。


2001/4 双葉郡浪江町西台
シロダモ 【白だも】 クスノキ科

back to top