×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


シブツアサツキ 【至仏浅葱】 ユリ科ネギ属 学名:Sllium schoenoprasum var. sibutsuense  

 本州(谷川岳、至仏山、八方尾根)の蛇紋岩の礫地高山の岩礫地および周辺の草地に生える草丈30〜40cmの多年草。
 至仏山で発見された植物で蛇紋岩植生の変形種で、細い茎に球形の花序を支えている。その姿は弱弱しく見えるが至仏山の強風にあおられながらも負けずに咲く。
葉は細い円筒形で中空、直径1.5〜3mm、花期は7〜8月で花は散状につけ、淡紅紫色で、直径2.5cm。雄しべは花被片と長さが同じ。


2008/7/28 至仏山 撮影:黒田豊(楢葉町)

back to top