×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


リンネソウ 【リンネ草】 スイカズラ科リンネソウ属 学名:Linnaea borealis 

 北海道、中部以北の本州の亜高山〜高山の樹林下のハイマツの林下に生える草状の草丈5〜20 cmの常緑小低木。
 短毛のある茎が長く地上を這い、分枝する。葉は長さ1cm程度の卵形〜広楕円形wでやや厚い葉が対生する。
 7〜8月上旬の夏に開花。、2つの花が茎の先に並んで下向きに付く。花冠は漏斗形で、浅く5裂する。  和名の由来は生物分類学の祖であるリンネ(スウェーデンの植物学者)にちなんで付けられている。


2008/7/30 至仏山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top