×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


オオヤマフスマ 【大山衾】 ナデシコ科 オオヤマフスマ属 学名:Moehringia lateriflora

 北海道から九州の温帯域に分布。山地の草原や路傍に生える多年草。高さ5〜20cm。
茎は直立し、有毛で細く、上部で分枝する。葉は対生し、楕円形〜長楕円形、長さ1〜2cm、3脈が目立つ。
 花期は6〜8月。直径1cm程の白い花をつける。萼片5個で長さは花弁の半分。花弁は5個。雄しべは10個。雌しべは1個、花柱は3本。


撮影:双葉郡楢葉町 黒田豊氏 2005.7.9 雄国沼にて
オオヤマフスマ 【大山衾】 ナデシコ科

back to top