×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


オオニガナ 【大苦菜】 キク科フクオウソウ属 学名:Prenanthes tanakae

 本州の近畿から東北に分布し、湿原や耕作放棄水田に稀に見られる。
 高さは1m程度であり、下部の葉はアザミのように深く裂けるがトゲはない、葉柄は茎を抱き互生する。黄色の径4cm程の花が10〜20数個つく。花期は8月中旬〜10月頃(9月の花の少なくなった頃に咲く)。  


2008/10/7 楢葉町 撮影者:黒田豊(楢葉町)


back to top