×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


オミナエシ 【女郎花】 オミナエシ科オミナエシ属 学名:Patrinia scabiosaefolia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
 被子植物双子葉合弁花類オミナエシ科(Valerianaceae)の多年生植物で、秋の七草の一つ。沖縄をのぞく日本全土および中国から東シベリアにかけて分布している。
夏までは根出葉だけを伸ばし、その後花茎を立てる。葉はやや固くてしわがある。草の丈は60-100cm程度。8-10月に黄色い花を咲かせる。
日当たりの良い草地に生える。手入れの行き届いたため池の土手などは好適な生育地であったが、現在では放棄された場所が多く、そのために自生地は非常に減少している。
日本では万葉の昔から愛されて、前栽、切花などに用いられてきた。漢方にも用いられる。
別名:チメグサ、敗醤(はいしょう)。 オトコエシ(男郎花)に対するもの。


2008/9/3 双葉郡葛尾村落合菅の又
オミナエシ 【女郎花】 オミナエシ科
2008/9/3 双葉郡葛尾村落合菅の又
オミナエシ 【女郎花】 オミナエシ科
2001/7/26 耶麻郡猪苗代町 ハーブ園
オミナエシ 【女郎花】 オミナエシ科
2001/8/20 双葉郡葛尾村広谷地
オミナエシ 【女郎花】 オミナエシ科

back to top