×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


オリヅルラン 【折鶴蘭】 ユリ科オリヅルラン属 学名. Chlorophytum comosum

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
 南アフリカ原産のユリ科(APG植物分類体系ではリュウゼツラン科)に属する常緑多年草。観葉植物としてよく栽培される。
 葉は根出状で、細長く、緑色で柔らかく、艶がない。覆輪、中斑などの斑入りのものが特に多く栽培される。根は太い。
 春に細長い花茎を高くのばし、白い花がまばらに咲く。その後花序に不定芽ができて花柄はランナー(匍匐茎)となり、新しい株を作る。この株の様子が折り鶴に似ているので名付けられた。
 乾燥にはやや弱く、水分が不足するとすぐに葉先が枯れる。また、害虫ではカイガラムシに注意が必要である。それを除けば丈夫で育てやすく、ランナーでよく増える。


2001/6/10 双葉郡浪江町西台
オリヅルラン 【折鶴蘭】 ユリ科


back to top