×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


オオケタデ 【大毛蓼】 タデ科タデ属 学名:Polygonum orientale

 別名:オオベニタデ(大紅蓼) 原産地:熱帯アジア
草丈:100〜200cm 開花期:7〜11月 花穂長:5〜10cm 花色:薄桃 葉長:10〜20cm
 枝先に長さ5〜10cmの紫桃色をした下垂状の花穂をつけ、葉は緑色をしており幅広で先端が尖っている。
 葉や茎に毛が多数はえている。観賞用として栽培されるものもあるが、野生化して道端に生えていることもある。


2001/8/15 双葉郡浪江町西台
オオケタデ 【大毛蓼】 タデ科

back to top