×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ヌカキビ 【糠黍】 イネ科キビ属 学名:Panicum bisulcatum Thunb.

 北海道から九州、朝鮮、中国、インドなどに分布する一年草。
やや湿った場所に生育し、畦道や水路の周辺、湖岸、崖地の水がしみ出る場所、湿った路傍・荒れ地などに生育する。
茎は細いが長さは1mを越え、斜面から垂れ下がったり、他の植物に寄りかかったりして生育する。
地面に付いた節からは発根し、新しい茎がでる。葉の縁の下半分は縮れる。葉鞘には、片側だけに長毛がある。
10月に大きく散開する花穂を形成する。小穂は小さく、ヌカキビの名前の由来となっている。


2001/6/9 いわき市四倉町北仁井田 仁井田川河口
ヌカキビ 【糠黍】 イネ科


back to top