×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ノウゴウイチゴ 【能郷苺】 バラ科オランダイチゴ属 学名:Fragaria iinumae

 主に本州の日本海側と北海道に分布し、亜高山帯の登山道の土がくずれたような湿り気のある日当たりの場所に自生、サハリンにも分布する多年草。
  和名は岐阜県の能郷山にちなむもの。匍匐子を出し、葉は3小葉からなり、7月ころ、白い花が咲く。他のイチゴと異なり、花弁が7〜8枚あるのが特徴。小ぶ降りでもそこはやはりイチゴの仲間で、夏には長さ1cmほどの真っ赤な果実を実らせ甘くておいしい。


2008/7/30 至仏山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top