×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ナンブイヌナズナ 【南部犬ナズ菜】 アブラナ科イヌナズナ属 学名:Draba japonica

 北海道(夕張岳・日高山脈)・本州(早池峰山)に特産する蛇紋岩地特有の多年草。丈は10pほどで、根茎をよく分枝させ密生して生える。6-8月に開花する花の色は黄色というよりはレモンイエローに近く、茎の先に10個ほど総状に花をつける。茎には毛が多い。花弁は4個で、倒卵形。根出葉は線状倒披針形で、全縁。茎葉は卵状楕円形で厚みがあり、縁に鋸歯がある。
 環境省から絶滅危惧種(EN)、北海道から絶滅危急種(Vu)として指定されている。高山で見られる黄花のアブラナ科の花は本種とヤマガラシぐらいである。


2007/7/9 早池峰山 撮影者:黒田豊(楢葉町)


back to top