×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タカネシュロソウ 【高嶺棕櫚草】 ユリ科シュロソウ属 学名:Veratrum maackii var. japonicum f atropureum

 本州(関東・中部)に分布し、シュロソウの高山型で、亜高山〜高山のやや乾いた草地や礫地に生える高さ20〜60pの多年草。
 茎の基部に古い葉鞘がシュロ状に残る。 葉は線状披針形で先はやや尖っており、基部は鞘になる。
 花期は7月中〜8月上で花序は円錐状で白い軟毛があり、紫褐色。花被片は6個で楕円形〜倒披針形。花が紫色を帯びるのが別名の由来。
 葉は線状披針形。花茎の上部に紫黒色の6弁花をややまばらにつける。毒草なので注意が必要。
別名:ムラサキタカネアオヤギソウ「紫高嶺青柳草」。


2008/7/30 至仏山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top