×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ムカゴトラノオ 【珠芽虎尾・零余子虎尾】 タデ科イブキトラノオ属 学名:Polygonum viviparum L.

 高山に生え、中部地方以北の本州、北海道、および北半球の寒地、および高山の草地や礫地などに生え、茎の高さ10〜40cmの多年草。
 7〜8月に細い穂状花序をつくって淡紅色花を開き、下部にむかご(珠芽)をつくる。
花弁に見えるのは萼で、5深裂し、雄しべは8個。根出葉は長柄があり、線状披針形〜長楕円形で、やや厚く、裏面は粉白色を帯びる。


2009/8/ 飯豊山  撮影:黒田豊氏(楢葉町)
27日:川入〜剣が峰〜三国山〜切合小屋(泊)28日:切合小屋〜飯豊本山〜大日岳〜切合小屋(泊)
29日:切合小屋〜三国岳〜疣岩山〜弥平四郎〜川入飯豊山

ムカゴトラノオ

back to top