×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ミズメ 【水木・水芽】 カバノキ科 カバノキ属  学名:Betula grossa

別名 ヨグソミネバリ。ヨグソミネバリ【夜糞峰榛】の別称。オオバミネバリ。アズサ。ミズメ。
 刃物で樹皮を傷つけると透明な水のような樹液が沁み出るのが名の由来。
 落葉高木 高さ10〜15m。カバノキ属では最も大きくなる。
樹皮は灰色〜暗褐色、横の長い皮目、サクラの皮目に似ている。枝に特有の臭気(サロメチールの臭い)がある。
葉は単葉で互生。短枝には2枚束生。葉身は卵形。葉の表面は濃緑色、裏面は灰白緑色。
花は葉の展開と同時に開花する。 雄花序は枝先に垂れ下がる。雌花序は短枝の先に直立する。
果実は堅果。果穂は長さ2〜4cmの楕円形、マツカサ状でやや粘りがある。
分布:本州(岩手以南)、四国、九州の丘陵帯から山地帯でみられる。花期・果期:花期4月 果期10月


2001/7/26 耶麻郡北塩原村 裏磐梯 五色沼付近
ミズメ 【水木】 カバノキ科

back to top