×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ミゾカクシ 【溝隠】 キキョウ科ミゾカクシ属 学名:Lobelia chinensis

   田んぼの畦など湿ったところに生える高さ10〜15cmの多年草でその名は溝を隠すように広がることからついた。
 葉は互生し、長さ1〜2cmの披針形で縁に鈍い鋸歯がある。6〜10月、葉のわきに長い花柄のある一風変わった白色にやや紅紫色を帯びた唇形の花を1個つける。
同じキキョウ科のキキョウの花のつくりとは大きく異なっている。花の色は、淡紫紅色の他に白い花も見られる。
水田の畔にむしろのように広がるのでアゼムシロとも呼ばれる。
別名:アゼムシロ 【畔筵】


2008/10/2 楢葉町 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏
2008/8/31 双葉郡楢葉町 撮影:黒田豊氏(双葉郡楢葉町)


back to top