×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ミヤマシオガマ 【深山塩竈】 ゴマノハグサ科シオガマギク属 学名:Pedicularis apodochila Maxim.

 北海道・本州(中部地方以北)の高山の草地に生える5〜20cmの半寄生の多年草。 茎は直立し白色の長い軟毛があり、少数の茎葉が互生する。根生葉はそう生し長い 柄がある。花期は7〜8月、花冠は紅紫色の唇形で長さ2〜2.5cm、上唇は舟形で先端に小さな突起が2個ある。 下唇は筒形で水平に広がり深く3裂する。ガクは筒形で白い軟毛がある。


撮影地:奥羽山脈(岩手県胆沢郡-秋田県雄勝郡境) 焼石岳(1547.9m) 撮影日:2007.06.16  黒田豊氏(双葉郡楢葉町)

back to top