×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ミヤマハンショウヅル 【深山半鐘蔓】 キンポウゲ科センニンソウ属 学名:Clematis ochotensis.

 北海道、本州に分布し、亜高山帯から高山帯に生えるキンポウゲ科のつる性低木。 和名は生える場所と半鐘に似た花の形からついた。 葉は2回3出複葉で対生し、小葉のふちにはあらい鋸歯がある。葉の間から長い花柄を伸ばし紅紫色の大きな花をつける。花の外側は紅紫色のがく片が4枚、その内側にへら形の花弁が多数ある。


2007/7/9 早池峰山 撮影:楢葉町 黒田豊氏

back to top