×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ミヤマダイモンジソウ 【深山大文字草】 ユキノシタ科ユキノシタ属 学名:語) Saxifraga fortunei Hook.f. var. incisolobata (Engl. et Irmsch.) Nakai f. alpina

 北海道〜中部地方の亜高山帯から高山帯下部の湿り気の多い草地または岩礫地に生育する高さ15〜25cmの多年草。
 茎は根茎から2〜5本がほぼ直立し、無毛。葉は腎円形で大きさは2〜3cm、花は茎の上部に5〜10個がまばらにつく。
 名前の如く5枚の花弁のうち上の3枚に比べ下の2枚が大きく長いため、「大」の文字に見える。
 平地に生えるダイモンジソウの1種とされているが、平地のものよりもやや小型。


2008/7/30 至仏山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top