×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


マキ 【真木・・槙】 マキ科マキ属 学名: マキの仲間Podocarpus 

 イヌマキPodocarpus macrophylla(別名:クサマキ,マキ 花期:晩春~初夏)
 ナギPodocarpus nagi ラカンマキPodocarpus macrophylla(イヌマキ(犬槇)の変種) 
針葉常緑高木。雌雄異株。樹高20mほどになる。 樹皮は灰白色で縦に浅く裂けると肌色の内皮がのぞく。
 葉は螺旋状につけ、広針形で長さ10〜18cm、幅は1〜1.5cm。表面は濃緑色、裏面は黄緑色。葉縁は全縁。
雄花は黄色でひも状、雌花は奇妙な形をしている。果実は直径約1cm。
紅白の団子を上下に並べたようで赤い部分は甘く食べられる。 太平洋側の海辺に多く分布。
防風、防潮のため植栽されることが多い。その他社寺林に多い。花期・果期:花期5〜6月 果期10〜12月


2001/5 双葉郡浪江町西台
マキ 【真木・・槙】 マキ科

back to top