×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


クサノオウ 【草の王・草の黄】 ケシ科クサノオウ属 学名:Chelidonium majus var. asiaticum

花期:4月〜7月。野原や林、道ばたなど日当たりのいい所に生える2年草。
 全体の高さは30〜80cmくらいで、細かい毛がはえているので白っぽく見える。
直径2cmほどの鮮やかな黄色い花は遠くからでもよく目立ち多数の雄シベの間から、緑色の雌しべが曲がって伸びる。
 熟した黒い種の種沈は、脂肪やたんぱく質に富みアリが好んで食べる。
葉や茎を切ると黄色い液が出るので「クサノオウ(草の黄)」と言われるが、この液は有毒であると同時に鎮静や鎮痛効果、また皮ふ病にも効くので「瘡の王」また、薬草の王様という意味で「草の王」とも言われる。


2001/4/28 双葉郡浪江町西台 円内は2001/6/16 浪江町大堀
クサノオウ 【草の王・草黄】 ケシ科

back to top