×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


クロウスゴ  【黒臼子】 ツツジ科スノキ属 学名:Vaccinium ovalifolium

 北海道、本州(北中部)の高山の林縁に生育する落葉低木。よく分枝し、高さは10〜150cm程。花径1cm、薄い黄緑色
花期は、6〜7月、花は若い枝の葉の腋に1個つき壷型 花が終わると果実は上に向き黒紫色になり黒紫色で甘酸っぱくておいしい クロマメノキに似ているがより大型(クロマメノキの実は下向きにつくので見分けられる)
 名前は果実のへこんだ部分を臼にたとえたもの


2009/6/14 飯森山 撮影:楢葉町 黒田豊 氏


back to top