×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


クモマナズナ 【雲間薺】 アブラナ科イヌナズナ属 学名:Draba sakuraii var. nipponica

 本州(中部地方)に分布。高山の岩上に生える高さ5〜12cmの多年草。 花は短い花序の先に総状花序をだし、花弁は白色で倒卵状楕円形、長さ約6mm。6月下旬〜7月上旬が花の最盛期で、夏山シーズンにはすでに果実となっている。茎は株状、果実は広線形で無毛、少しねじれる。
和名は雲がかかる高山に生えてることによる。


2008/6/7 那須〜峰避難小屋〜朝日岳〜清水平〜三本槍〜中の大倉尾根〜北温泉 撮影:黒田豊氏(楢葉町)

back to top