×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


クマイチゴ 【熊苺】 バラ科キイチゴ属 学名 Rubus cratagifolius

 熊の出そうなところに生えることから、熊が食べるイチゴということからついた名。
特性 落葉低木 樹高1〜2m 枝は赤紫で無毛、大きく扁平な刺がまっすぐに出る。葉は単葉で互生。
当年枝つける葉縁は5中裂。 各裂片には大きく鋭い重鋸歯。果枝につける葉身はやや小さく、葉縁は3〜5中裂し、各裂片の縁には大きな重鋸歯。
葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色。 葉脈上に刺がある。
果実は集合果。 直径1cmの球形、赤く熟す。 食べられる。
分布:北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に多い。花期・果期:花期5〜7月 果期7〜8月


2001/6/26 いわき市久之浜町金ヶ沢
クマイチゴ 【熊苺】 バラ科

back to top