×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


コウゾリナ 【髪剃菜・毛蓮菜】 キク科コウゾリナ属 学名:Picris hieracioides

 低地〜山地の草地や道端などに生え、茎の高さは30〜150cm。枝先に、直径2〜2.5cmの 黄色の頭花をまとまってつける。
 舌状花は多数。総苞は緑色か黒っぽい緑色で、剛毛がある。根生葉は花期には枯れる。下葉は倒披針形で、基部は翼のある柄があり、縁に鋭い鋸歯がある。
中葉は披針形で基部は茎を抱く。茎は真っ直ぐに伸び、円く、赤褐色の剛毛がある。髪剃はカミソリのことで、茎や葉に手が切れるような剛毛があるためこの名があるという。
花期:5〜9月 分布:北海道、本州、四国、九州


2001/6/30 双葉郡浪江町椚平
コウゾリナ 【髪剃菜・毛蓮菜】 キク科
2001/7/25 耶麻郡北塩原村 裏磐梯レンゲ沼付近
コウゾリナ 【髪剃菜・毛蓮菜】 キク科

back to top