×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


コメバツガザクラ 【米葉栂桜】ツツジ科コメバツガザクラ属 学名:Arcterica nana

 北海道、本州(中部地方以北)に分布し、高山帯の岩礫地などに生え、茎の高さが5〜15cmの常緑小低木。
 茎は地面を這い、細かく枝分かれする。7〜8月枝先に、長さ5〜10mmのわずかにピンクを帯びた白色の花を3個下向きにつける。花冠は壷形で、浅く5裂し3裂片の先は反り返る。
 葉は米粒に似ていて卵形〜楕円形で、3個ずつ輪生し、厚く、光沢があり、コケモモに似るが、花が壷形なので容易に見分けられる。


2008/6/7 那須〜峰避難小屋〜朝日岳〜清水平〜三本槍〜中の大倉尾根〜北温泉 撮影:黒田豊氏(楢葉町)

back to top