×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


コバンソウ 【小判草】 イネ科コバンソウ属 学名:Briza maxima

 別名:タワラムギ(俵麦) 花期:5〜7月。ヨーロッパ原産で、明治時代に渡来した一年草。
 元々観賞用として輸入されたものが野生化し砂地や海岸などで群落が見られる。
全体の高さは30〜70cmくらいになり、釣り糸のような細い柄の先に多いものでは20個くらいの小穂をつける。
最初は淡い緑色ですが、やがて茶色へと変化してゆく。
 小判の形をしているところから「小判草」。でも俵の形をした麦に似ているので「俵麦(タワラムギ)」とも言う。


2001/4/27 双葉郡浪江町西台 西台墓地
コバンソウ 【小判草】 イネ科
コバンソウ 【小判草】 イネ科

2001/6/16 双葉郡浪江町三程 高瀬川渓谷付近
コバンソウ 【小判草】 イネ科


back to top