×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キカラスウリ 【雌待宵草】 ウリ科カラスウリ属 学名:Trichosanthes kirilowii var. japonica 

 北海道から九州に分布する多年生のツル植物。雌雄異株である。地下部に太い塊茎があり、大量のデンプンを蓄え、デンプンをとる。
 地上部は枯れるが、毎年同じ場所に繁茂し、農家の納屋などに絡んでいるのをよく見かける。花は6月後半から9月にかけて咲き、夕方から咲き始めて朝にはしぼみ始める。
 キカラスウリはカラスウリに似て果実が黄色であるとの意味である。花弁先端の糸状に分かれた部分はカラスウリの方が長くて繊細である。両種とも夜間に咲くことと、高い位置に花開くことが多い。


2008/7/30 双葉郡楢葉町 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏
2007/9/3 双葉郡楢葉町 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏


back to top