×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キジムシロ 【雉蓆、雉莚】 バラ科キジムシロ属 学名:Potentilla fragarioides

 北半球の温帯、亜寒帯および寒帯を中心に約300種が分布し、山野の草地に生える多年草。
高さ5〜30cmで、集散状に黄色の5弁花をつける。変異が多く日本のは樺太・大陸のものより葉の先が尖り花弁の小さいものが多い。
 葉は根生しているためムシロのように見え、鳥のキジがひくムシロに見立ててキジムシロと名付けられた。
 高山に生えるものも多い。日本には全国に約20種が自生。ほとんどが陽地を好む多年草だが中には小低木もある。


2002/4/21 双葉郡葛尾村湯の平 県立公園五十人山登山道入口 
キジムシロ 【雉蓆、雉莚】 バラ科
2002/4/21 双葉郡葛尾村湯の平 県立公園五十人山登山道入口 
キジムシロ 【雉蓆、雉莚】 バラ科

back to top