×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キバナノコマノツメ 【黄花の駒の爪】 スミレ科スミレ属 学名:Viola biflora

 北海道・本州(紀伊半島以北)・四国・九州(一部山地・屋久島)に分布し、亜高山〜高山のやや湿ったところに生える多年草。高さ5〜15pになる。名は2〜5cmの丸い葉を馬の蹄に見立てたもの。葉質は薄くて柔らかく、表面は平で光沢がない。表面や縁には微毛がある。 6〜8月上旬に開花する花がほぼ同じ形と色をしているので、花だけではタカネスミレとの区別が難しいが、本種は葉の表面や縁にまばらに毛があり、光沢もないことで区別する。生育地も主として草地であり、岩礫地に生えるタカネスミレとすみ分けている。花弁は淡黄色で縦に長く、上弁と側弁が反り返る。


2007/7/8 秋田駒ヶ岳 撮影者:黒田豊(楢葉町)

back to top