×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キバナアキギリ 【黄花秋桐】 シソ科アキギリ属 学名:Salvia nipponica

 本州〜九州 低山地の木陰に分布し、夏から秋(8〜10月)にかけて開花し登山道際などでよく見かける草丈20〜40cmの多年草。
別名:コトジソウ(琴柱草) 名前はアキギリ(秋桐)というのは紫色の花が普通だが、花が薄黄色なので、葉の形がキリ(桐)に似ていることからつけられた。


 2005/8/17 飯谷山(柳津町) 撮影者:黒田豊(楢葉町)

back to top