×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


カニコウモリ 【蟹蝙蝠】 キク科コウモリソウ属 学名:Cacalia adenostyloides

 本州(近畿地方以北)、四国 に分布し、深山、亜高山帯付近の針葉樹林内に生育するキク科の多年草。
 高さは0.5〜1m、茎葉は有柄で3個前後が互生。葉の形は蟹の甲羅を思わせる形で、横幅は8〜20cmほど、ふちに不ぞろいの鋸歯がある。
 茎上部に円錐花序をなし、白い頭花を多数つける。 和名は、コウモリソウの仲間で葉のが蟹を思わせるところから。 。


2007/10/1 富岡町 大倉山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏

back to top