×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


カジカエデ 【梶楓】 カエデ科カエデ属  学名:Acer diabolicum Blume

カジカエデ (京大系) オニモミジ(東大系) 別名:オニモミジ 落葉高木
原産・分布:本州(宮城県以西)、四国、九州(中部以北) 神奈川県 丹沢、箱根、小仏山地に分布。多摩丘陵にも稀にある。
用途:庭木、器具材  山地のブナ帯下部の、落葉樹林内に多く生える。
カエデの中では、もっとも大きな葉になる。樹高は10〜20m 樹皮は灰褐色で滑らか。
葉は対生し、直径6〜15cmになり、掌状に5深裂する。上部の3裂片が大きく、縁には荒い鋸歯がある。


2005/6/30 福島県原町市萱浜萱浜字巣掛場
 福島県立浜高等技術専門学校(テクノカレッジ浜)の道路向かい(北側)
 遊々の森 樹木見本園(磐城森林管理署)
遊々の森 樹木見本園(磐城森林管理署) 遊々の森 樹木見本園(磐城森林管理署)
カジカエデ 【梶楓】 カエデ科カエデ属

カジカエデ 【梶楓】 カエデ科カエデ属


back to top