×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


カゴノキ 【鹿子の木】 クスノキ科カゴノキ属  学名:Litsea coreana (Actinodaphne lancifolia)

分布:本州関東以西、四国、九州 常緑高木(高さは10m〜15mくらいにまでなる。)
樹皮は黒褐色。
成木の樹皮は丸っこく鹿の子状にはがれて、そのはがれたところが薄黄色〜白っぽい色になるところが大きな特徴です。
この樹皮の様子から「カゴノキ(鹿子の木)」という名前がついた。


2006/4/15 いわき市湯の岳南西の川上渓谷 撮影:双葉郡楢葉町 黒田豊氏
遊々の森 樹木見本園(磐城森林管理署)


back to top