×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イワツメクサ 【岩爪草】 ナデシコ科ハコベ属 学名:Stellaria nipponica

 本州(中部)の北アルプス、白山、御岳山、八ヶ岳、中央アルプス、富士山に分布し、高山・亜高山帯の岩場や砂礫地に生え、高さ5〜20cmの多年草。花期:7〜8月 
花は5つの花弁を持つが深く裂けており10枚にも見える。ツメクサとは葉が鳥のつめに似ているから。 別名:オオバツメクサ 


 2007/7/30 富士山(5合目登山口) 撮影者:黒田豊(楢葉町)

back to top