×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イワブクロ 【岩袋】 ゴマノハグサ科イワブクロ属 学名:Pennelianthus frutescens

 北海道と東北地方の亜高山〜高山帯に大きな群生を作るパイオニア植物で、乾燥、貧養な地で砂礫や岩の移動にも耐えることの出来る逞しい多年草。花冠が袋状になっているのでこの名がある。別名タルマエソウは北海道の樽前山に因んだ。7月下旬〜8月下旬に長さ2.5cmほどの淡紫色の花をつける。北海道樽前山に多いのでタルマイソウの別名がある。火山の砂礫地にいち早く侵入するパイオニア植物。
 高さ10p余りと小さいが、葉は5pほどで厚みがある先の尖った長楕円形で、交互に対生する。縁には鋸歯がある。花は長さ3-4pと大型で、深い鐘形に開いて5片に裂け花が茎の先に横向きに数個つく。花色は桐の花の色に近い。


2007/7/9 早池峰山 撮影:楢葉町 黒田豊氏

2007/7/9 早池峰山 撮影:楢葉町 黒田豊氏

2007/7/9 早池峰山 撮影:楢葉町 黒田豊氏


back to top