×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イチョウ【鴨脚樹・銀杏・公孫樹】イチョウ科  学名:Ginkgo biloba

平安時代に日本に入ってきたものとされており、古いものでも約1000年くらいの樹齢であると想像される。
 全国を眺めてみると圧倒的に東北にイチョウの名木が多く、その中でもとりわけ青森に巨樹が多い。
 巨樹のほとんどは雄株で、銀杏に養分を消費されてしまう雌株はなかなか巨樹にはなりにくい。


2001/4 双葉郡浪江町西台
イチョウ 【鴨脚樹・銀杏・公孫樹】 イチョウ科

back to top