×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イヌツゲ【犬柘植・犬黄楊】モチノキ科モチノキ属 学名:Ilex crenata Thunb.

渇ネ学技術研究所 より

    別名:ヨメノサラ 原産地:日本 樹高:3〜5m 開花期:5〜7月 雌花径:0.2cm 雄花の花柄:0.5〜1.5cm
    雌雄の花色:白 葉の付き方:互生 果実色:黒 結実期:10〜翌1月 果実径:0.5〜0.7cm
     背が低く、枝葉が密生し刈り込みに強い常緑低木で、家の垣根等に使われる。
    葉は小形で楕円形をしており皮質で光沢があり緑色で互生。初夏に白くて小さい4弁の雌花を咲かせ、冬に紫黒色をした球状の果実を付ける。
     似た花にツゲ(ホンツゲまたはアサマツゲとも呼ぶ)があるが、別科(ツゲ科)で、花色は淡黄色で、葉は対生し、材はより堅く有用で印鑑や櫛、将棋の駒などに使われる。

<
2001.6.22 浪江町西台

back to top