×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イヌナズナ 【犬薺】 アブラナ科イヌナズナ属 学名:Draba nemorasa 

花期:春 二年草 ヨーロッパから東アジアにかけて広く分布。
道端や草地の日当たりのよいところに生え、高さは10〜20cm。茎や葉には単毛と星状毛が生える。
3月から6月ごろ、小さな黄色い花を咲かせる。
ナズナは春の七草で,七草粥にしても食べられるが,これは食べられないので「犬」という接頭語がつけられたかわいそうな雑草。
イヌガヤ(犬萱),イヌタデ(犬蓼),イヌナズナ(犬なずな),イヌツゲ(犬柘植),イヌホオズキ(犬酸漿)などに共通する命名法。
 ナズナと違うところは,花の色が黄色であることと,種子の莢が楕円体であること。


2002/4/22 双葉郡葛尾村落合夏湯
イヌナズナ 【犬薺】 アブラナ科
イヌナズナ 【犬薺】 アブラナ科


back to top