×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イモカタバミ 【芋片喰・芋傍食・芋酢漿草】 カタバミ科カタバミ属 学名:Oxalis articulata

 野原や草地、道ばたなどいたる所で見られるアメリカ原産の多年草。
別名:フシネハナカタバミ(節根花片喰) 花期:春〜夏
よく似ているものに「ムラサキカタバミ」があるが、本種は花弁の基部の色が濃く、花びらの脈が目立つ。
また葯は黄色(「ムラサキカタバミ」の葯は白色)」
イモの名にあるように、地下にイモのような塊茎を作って増える。
同じカタバミの仲間に、「アカカタバミ」、「カタバミ」もある。


2001/5 双葉郡浪江町西台
イモカタバミ 【芋酢漿草】 カタバミ科
back to top