×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イイデリンドウ 【飯豊竜胆】 リンドウ科リンドウ属 学名:Gentiana nipponica var. robusta

 高山帯の草地に生息する草丈5〜15cmの多年草で淡青色の花を7〜8月につける。
花の形は5数性で、葉の形は5〜13mmで鋸歯がなく、萼裂片の先は平開しない。
 飯豊山に見られ、ミヤマリンドウの変種とされており、花はミヤマリンドウよりやや大きめで、開いたときの直径は1.5〜2cmくらい。
花冠の副片が開花時に直立し区別できる。花の形からは、副片が開くミヤマリンドウと、閉じるリシリリンドウの中間型ともいえる。
飯豊山では、8月中旬にこのイイデリンドウとミヤマリンドウの両方が咲く。


2009/8/ 飯豊山  撮影:黒田豊氏(楢葉町)
27日:川入〜剣が峰〜三国山〜切合小屋(泊)28日:切合小屋〜飯豊本山〜大日岳〜切合小屋(泊)
29日:切合小屋〜三国岳〜疣岩山〜弥平四郎〜川入飯豊山


back to top