×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


イ(イグサ) 【藺】 イグサ科イグサ属 学名: Juncus effusus

和名:トウシンソウ(燈心草)  北海道〜九州 中国にも分布し、山野の湿地に生える多年草。
 茎はなめらかな円柱形で、高さ70〜100cm。花:6月〜9月頃茎先に集散花序を出し、緑褐色の子花をまばらにつけ、花序よりも上に直立する茎のような苞葉が伸びて、茎の途中に花序がつく。
 通常の葉はなく、茎下部に退化した葉が鱗片状につき、茎は花むしろや畳表に、髄は灯心に用いる。


2001/5 いわき市四倉町 福島県いわき海浜自然の家エリア内
イsp. 【藺】 イグサ科


back to top