×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ホソバノキソチドリ【細葉木曽千鳥】 ラン科ツレサギソウ属 学名:Platanthera tipuloides Lindl.

 北海道、本州中部地方以北、四国剣山に分布し、高地や深山の草原、湿地などに生育する茎の高さ20〜40cmの多年草。
 花期は7〜8月で茎の先に黄緑色の小さな花が多数つく。唇弁は広線形で長さ5〜6o、距は15oほどで下を向くか、前の方に弓なりに曲がる。
 キソチドリより細い葉を持つと言う意味。葉は細長い楕円形で、一番下に付く葉が特に大きい。コバノトンボソウとよく似るが、距が後方又は上向きに反り返る(本種は下を向くか、前の方に弓なりに曲がる)ことで見分ける。


2008/7/30 至仏山 撮影:黒田豊(双葉郡楢葉町)氏


back to top