×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ヒルザキツキミソウ 【昼咲月見草】アカバナ科マツヨイグサ(オエノセラ)属 学名 Oenothera speciosa

耐寒性多年草で北米からの帰化植物で野生化。葉は披針形で、葉縁に波状の鋸歯があり、互生して付く。
ツキミソウ(月見草)やマツヨイグサ(松宵草)と同じグループで、昼間に開花する。
別名:ヒルザキモモイロツキミソウ(昼咲桃色月見草)、オエノセラ・スペキオサ(Oenothera speciosa)
草丈:30〜50cm 花径:4〜5cm 花色:桃 開花期:5〜7月


2001/6/20 いわき市久之浜町 (2001/6/28 双葉郡浪江町苅野でも見られた)

トモエソウ 【巴草】 オトギリソウ科


back to top